医療法人 社団 佐藤歯科医院本文へジャンプ
嚥下障害(飲み込みの障害)の相談

 摂食・嚥下障害への取り組み
 加齢と共に飲み込みにくくなります。

  加齢で飲み込みが困難になるのは、舌骨という顎の下に有る骨の位置が下がることによ

  ります。舌骨が下がるのは上方の顎舌骨筋等の筋肉と下方の甲状舌骨筋などが筋力低下で弛

む為とされております。舌骨が下がると嚥下時の喉頭の上前方への移動が少なくなり、食道の入り

口が
充分に開かなくなります。日頃から舌の運動を行って舌骨を正常位置に保ってください。
 

  大きな声で本を読んだり、カラオケ等も顎の下の筋肉を鍛えるには良いことです。

  また、声を出す訓練をすると誤嚥を防ぐ最後の関門である、声帯の衰えを防ぐ効果もあります。

 加齢の関係で舌の筋力低下で口蓋まで舌の先が届かなくなると、食塊の送り込みが難しくなりま

 す。その時は摂食補助床という装置を作成致しますので御相談下さい。(保険対応)

義歯の不調による噛みにくさの場合は、先に義歯の調整を行いますが、脳出血、

 脳梗塞などで食べにくい場合は、個別に相談に応じます。

 パーキンソン病など各種神経疾患でも飲み込みが傷害されますので、既往歴をお知らせく

 ださい。パーキンソンの場合、一日3回薬を飲まれている方が多いようですが、食後と指

 示されているお薬を、食前に飲まれた方が食べやすくなることが多いので、かかりつけの

 医師にご相談ください。

 重度の飲み込み障害には対応できません。体位を変えたり、食形態を変えたり、食べ

 る順番の調整等で対応する程度までです。

BMI(体重÷身長÷身長)の数値が大幅に低い場合は、病院でNST稼働施設を受診

 することをお勧めします。
BMIの値18以下の場合は栄養失調の疑いがあります。

 日本肥満学会では、BMI22の場合を標準体重としており、25以上の場合を肥満、 18.5未

 満である場合を低体重としております。


 軽度の障害をお持ちの方に対して、これ以上悪化させない事を主眼とした指導です。

 舌の訓練、頸部筋肉の訓練、食事時の姿勢の指導、食形態などの指導程度です。


 当院の範囲以外の患者さんには月に2回北海道医療大学の摂食嚥下担当の

 木下憲治
教授
が来釧されて日赤病院で診察していますので、ご紹介いたします。




当院のモットー

  『自分の健康は自分で守る』

  『焦らない、諦めない、失敗しても自分を責めない』

 メール:gikoh@seagreen.ocn.ne.jp

 TEL:0154-52-0360

 FAX:0154-52-0378