医療法人 社団 佐藤歯科医院本文へジャンプ
用語の説明一般

 ビスフォスフォ製剤(B・P 製剤)

  骨粗鬆症に対する治療薬です。注射によるものと服用による物が有ります。

破骨細胞の活動を阻害し、の吸収を防ぐ医薬品骨粗鬆症[1]変形性骨炎骨ページェット病)、腫瘍


高カルシウム血症の有無にかかわらず)の骨転移多発性骨髄腫骨形成不全症、その他骨の脆弱症を

特徴とする疾患予防治療に用いられる。

上記疾患にきわめて有効な医薬品であり、近年急速に使用している患者が増えてきている。

使用している患者への歯科治療により顎骨の壊死が発生する可能性があることが問題となってきている。

ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死(Bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw BRONJと略し

ます)


 肺がんや乳がんの骨転移を防ぐために投与されているのが多いのですが、更年期を過ぎた女性に多く見

られる骨粗鬆症という病気の治療で多用されています。

嫌気性菌(けんきせいきん)

増殖に酸素を必要としない細菌である。


これらは主に、酸素存在下で酸素を利用できる通性嫌気性細菌と、大気レベルの濃度の酸素に暴露

することで死滅する
偏性嫌気性細菌に分けられる。酸素を利用することはできないが、大気中でも生

存に影響がない生物は、
耐酸素性細菌などと呼ばれる。



好気性菌
(こうきせいきん

好気性菌は酸素に基づ代謝機構を備えた細菌である。


細胞の呼吸で知られた過程の中で、好気性菌は、たとえば糖や脂質のような基質を酸化してエネル

ギーを得るために、酸素を利用する。またこれと対立した概念は嫌気性細菌である。

偏性好気性菌は好気的な細胞の呼吸のために、酸素を要求する。通性好気性菌(通性嫌気性菌)は

酸素を利用することができるが、嫌気的にエネルギーを産み出す
方法をも備えている。




 

バツ




 



 


 P



 A


 B