医療法人 社団 佐藤歯科医院本文へジャンプ
用語の説明歯内療法

 根管治療

  簡単に言うと「根の治療」です。神経は有るが炎症があって除去しなければならない時は抜髄処置

 言います。保険用語では『Pul』です。

 他方神経が死んでいたり、以前に神経を抜いて処置したが、再度悪化した場合の処置は
感染根管処置

 と言います。保険用語では『Per』です。

 それぞれに急性のもの、慢性のもの、化膿性の物などが有ります。

根管拡大

 
現在はこの処置に対する点数は無い

 神経が入っていたスペース(又は前回の治療で根管内に充填されていた物を除去して)を拡大して汚染

 物質を除去して、根充剤(通常はガッタパーチャという樹脂)とシーラー(歯質と根充剤の隙間を補填

 し封鎖する)のスペースを確保する為の作業。丁寧にやるほど赤字をもたらす。

抜髄処置

炎症を起こした神経を除去する事です。歯により点数が異なります。根が一根と二根、3根以上で点数が

 変化する。上顎の第1大臼歯や下顎の第1大臼歯にでは4根のケースが多いが、最近は少し点数に反

映されて来ていますが、手術用顕微鏡(当院は所持している)とCBCT(これも院内にあります)を使用し

ないと加算点数(400点)が算定出来ません。ただし、CTを撮影するには1170点がかかります。

約3,500円が余計にかかりますが、威力はあります。

 
染根管処置
 
死んでしまった歯髄(失活歯髄といいます)や、以前治療したが根の先に再度病巣が出来てしまった場合

に内部を拡大して、感染物質や壊死歯髄を除去して根管拡大を行います。

点数は抜髄と同じように単根、2根、3根とありますが4根の設定は上記と同じです。


根充

根管内を拡大してから根管内が無菌状態になったら、内部を緊密に充填します。

通常ガッタパーチャとシーラーを用います。当院ではシーラーにサンメディカルのスーパーボンドシーラ

ーを主に使用しています。理由は歯根破折を少しでも防ぎたいからです。

現在根充時に「加圧加算」と言う点数があります。
単根118点複根140,3根164点ですが、それ

にも4根の点数はありません。
加圧根充を算定するには事後のレントゲン撮影が必要条件です。

ラバーダム

根管治療は内部を無菌的に処置しないと治らないとされています。唾液の中には沢山の細菌が浮游して

おり、細菌が
内部に入らないために歯をゴムの膜で隔絶する方法です。

使用していないのに算定する歯科医が居たため、前回の点数改訂で
保険から無くなりました。

 根管長測定器

根の長さを測定する器械です。私の大学では学生時代から必ず使用する事を教わり、根の治療時に根の先

の組織を傷害したり、根尖附近の根管内を確実に消毒するために使用するものです。根充時に過不足のな

い緊密充填をするためには必須の物です。

 シーラー

根充時に根管壁とガッタパーチャとの隙間が出来ないように使用する糊のような物。細胞に毒性が無く、

収縮しないで経年変化が少ない物が望まれます。当院で使用している物は「スーパーボンド シーラー」

です。全ての根管充填にスーパーボンドを使用しています。

 シーラーを使わない先生もおられます。流動性の良いGPを使用するから必要ないというお考えですが、

一時試しましたが、現在の方法に直ぐ戻りました。


 側枝

根管は1本の管ではなく、枝分かれしております。分かれて再度合流したり川の流れのように複雑です。

根管治療時には全ての側枝には道具が入りませんので到達が不可能です。側枝の内部は薬剤で蛋白

を溶かしたり、無機質を熔解して対応しています。

 全ての側枝に対応が不可能なため、根管治療の治癒率が高くならないとされています。


 フィステル

根尖部の病巣から排膿が口腔粘膜に出てくること。

口腔粘膜では無く顔面等の皮膚から出る場合は外歯瘻といわれます。

 関連痛

下の歯が痛いのに、上の歯が痛いという感じがして上の歯が痛いと言って患者さんが受診することがあり

ます。逆もありますが、上下の神経が同じ神経節を経由して中枢に届くために痛みが強いときは混信し

て間違うことがあります。訴えの歯のレントゲンを撮影しても異常が無い場合、対顎の歯のレントゲン診査

を行うことが必要です。

 
私も小さい頃、これにより健全な歯を抜歯されました。

 歯根破折

最近問題になっている事象。特に根充されて居る歯が横方向(少ない)や縦方向に破折すること。

有髄歯でも噛み合わせる力が強かったり、歯ぎしり、くいしばりの強い方では主に水平方向に割れること

があります。

 割れても破折直後であれば、接着して残すことが可能です。保険適応外ですが、保険で行うのは問題

ですが治療して下さる先生もおられます。

広言すると厚生局から個別指導や鑑査を受ける事になります。最悪の場合は患者さんの為に行った結果、

保険医停止と言うことに成りかねません。

精しくは公表できません。